出張セット「佐賀ユース強化用長もの」

急激に寒くなりました、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
12月ということもあり、私もなんだかソワソワし久々の日記更新ですが、今回は少し専門的な内容となります。

先日、出張依頼で佐賀ユースの子達の強化用セットにいっておりました。

内容は長もののセット。
長ものというのはご存知の方もおられると思いますが、ボルダー壁を使って持久力をあげるためのルートで手数は通常30〜100あたりです。長ものを使って持久力をあげるといっても、上げ方や分類が複数ありここでは挙げきれませんが、今回の要望は
今後目指すリードコンペにおける強度に耐性をつくるべくトレーニングに使える長ものセット。

となるとある程度のポジションの強制は絶対的に必要となるので足限定は必須。
かといってフォーム矯正や技術練習が目的ではないので、手順や足順は選手に自由に選ばせてこそ、向上すべき突破力の本質が伴われると、私は思うのでテープに番号はつけたくありませんでした。

ファイル課題であれば簡単に指示できるがテープとなればどうか、壁の広さも完全に把握していなかったのでどうなるかドキドキでしたが、予定通り一本に二色のテープを使い、繋ぎ合わせで4点スタート切り替えを導入することで前のテープの使用を明確に阻止することが出来ました。壁2面跨げばギリギリ40手弱確保出来ると想定してましたが、最終的に余裕を持って作成することができました。

個人的には冒険的な試みでしたが、夕方ユースの子らに挑戦してもらい、良い感じの負荷がかかりグングンと削られている姿を見て安心しました。
ヨレてからの突破力、メンタルは他のトレーニングに比べてきつい分類に該当しますが、やり始めが一番数値が上がるので今頑張って貰えると幸いです。

実は私もこっそりセット合間にやりましたが、これでサーキットまわせたらかなりのトレーニングになる事を実感!
これは良い、うちでもやりたい、と思ったけれどボリュームがたくさんついた傾斜の強いまぶし壁でないとできないので、ラインセットの久留米店でも岩強化用に特化した福岡店でもすぐには実装できないことに気づき…まぁいっかという感じです。

随分マニアックな内容になってしまいました。
トレーニングについて書き出したらいかんと、毎回後悔……。

ということで、福岡のキッズ達も何やら怪しげな事を始めてますがそんな話はまたおいおい。
なんだか難しい内容になってしまいましたが、クライミング体験もレッスン以外の時間帯で随時受付しておりますし、難しい事抜きに身体を動かすだけで爽快な気持ちになれると思います!!!

今週もご来店お待ちしています。